はつらつウオーク
Report 2019年
10月15日

「稲田実る鎌倉中央公園」

TOP 2019index

 
 会員 nakamura  会員 nakamura
  会員 nakamura  会員 nakamura
 
 
会員 nakamura   会員 nakamura

  はつらつウオーク報告
スタッフ:中村 正彦 

 先月の台風15号の被害が癒えぬ内に襲来した台風19号は、東日本各地に再び深刻な被害をもたらした。
そんな中、ラグビー日本代表の快進撃に後押しされるかの様に44人のウオーカーが元気に集う。
 出発式冒頭、日本ウオーキング協会主導による台風被害義援金への協力依頼が鈴木会長よりなされ、続いて鎌倉中央公園への入場が、下りで滑り易く若干の倒木もある梶原口からを避け、正門ともいえる清水塚口に変更する旨、説明があった。
 新しい集合場所となった鎌倉市役所前を出発、寿福寺境内より源氏山へ散乱する枝葉を慎重に踏みしめ登り、頂上で小休憩。
 葛原岡を経て、清水塚口から鎌倉中央公園に入る。ここで2度目の休憩をとった後、園内の田圃は周らず、山崎口から退場する。山崎小学校の横を通り、台峰の麓をぐるりと廻るルートを辿り、北鎌倉駅前で正午丁度に解散した。
 台風による強風で巨木が無残に破砕されたり、自然の驚異に出くわす場面もあったが、柿実る長閑な秋の半日ウオークだった。
 難易度:★☆☆☆☆
 追記
なお、IVV認定制度の変更により「はつらつウオーク」の歩行5kmの認定を、9月から実施を開始した。
 今回で2回目となりましたが 当「はつらつウオーク」は半日コースの為、解散場所で流れ解散となるので、受付時にパスポートへの捺印を行う旨参加者へ告知した。

  コース:鎌倉市役所→ 寿福寺→ 源氏山公園→ 鎌倉中央公園→ 山崎小学校前→ 北鎌倉駅前(解散)