slide show 2017
9/7・9
Special
「紅葉の上高地と乗鞍岳
トレッキング」
  「下見班の乗鞍岳Report」  

TOP 戻る

 今回の企画ではいろいろなことがありましたが無事終了しました。
 「紅葉の上高地と乗鞍岳トレッキング」の下見班は、鎌倉を9月5日乗用車で出発した。当日は終日雨天となる。上高地へは乗用車を途中の駐車場へ預け、タクシーで上高地バスターミナルまで行く。これより梓川左岸の道を進み明神橋を渡ってすぐの明神池を下見した。そして梓川右岸歩道から河童橋に戻る。そして駐車場へタクシーで戻り、乗用車で安房トンネルを抜け、平湯温泉に到着、宿と打ち合わせ作業して一泊。
 
 翌6日朝7時、宿のフロエントから、弁当屋が宿の玄関に来ているとの連絡。「本日の登山は天候不良で通行禁止となった」と知らせに来た。
まさかの事態に対処、もう一泊して2日目の9月7日に乗鞍岳登山下見を行った。

 乗鞍岳登山の起点となる畳平まで通年マイカー規制が行われているため、タクシーで上り、肩の小屋口まで歩く、ここから乗鞍岳(剣ケ峰)への登山開始。
歩きにくいザレた斜面を登ること50分足らずの短い登山でしたが天候に恵まれて無事下見を終えた。 

   下見班は、下見後、速やかに、実施日に乗鞍岳への通行禁止の場合を考慮し、第2案、第3案を策定。見直す予算額は厳しい計算での実施でした。また、統括の木幡役員が直近で体調を崩し参加出来なくなった。 

 下見班は2日目が乗鞍岳への通行禁止のため松本市内へ出かけた。その時の「蕎麦屋のお話」は鎌歩協のホームページ「ふれあい広場」で「下見調査に行って、食べてきました!」で掲載しています。検索

 担当役員にはご苦労をおかけしました。感謝いたします。
当日の乗鞍岳登山は晴天なのに、雪が舞う気候に急変、山も道も雪で見る見る白景色に変わる中、下山者は足元の雪で転倒することもなく、無事戻れた。アンカー役員、おつかれさまでした。