Collabo 2019
北鎌倉女子学園高等学校生徒
「ウオーク体験学習」
8/7

TOP index

ウオークを体験した北鎌倉女子学園生徒の皆さん slide show

 今年初めて、北鎌倉女子学園高等学校生徒6名がボランティア体験学習に参加されました。8月7日の「鎌倉ぼんぼりウオーク」例会参加者183名に混ざって歩きました。
 当日はあまりにも暑さ厳しく、猛暑にて、健康を考慮してコースを変更しての実施でした。
生徒はこの真夏のうだるような中、参加者の列のアンカーの前を歩いて貰いましたが、ウオーキングは慣れてないのでしょうか、参加者の列から遅れがちでしたが、団体歩行は市役所前まで、以後自由歩行となりましたので、生徒とサポート役員と一緒にゴールの「鶴岡八幡宮」境内の「茅の輪」をくぐり、無事完歩出来ました。
 生徒6名は元気いっぱいに歩きを楽しんでいた様子でした。

    その後体験生徒からレポートが届きましたので、紹介します  

   人との出会いもあり、参加することによってたくさんの方とコミュニケーションをとれることがとてもうれしかったです。ボランティアというくくりではありますが、自分が学ばせてもらうことも多く、得した気分になれました。歩くことの大切さも気づかせてもらったので私も周りの人に歩くことの大切さを伝えていけるようにしたいと思います。  (A 生徒  
   今回の鎌倉歩け歩け協会のぼんぼりウォークに参加して普段行かないようなところや裏道などにもたくさんのお店があったりなど色々な発見がありました。そして歩いていて鎌倉市は自然豊かなところで環境が良いなと改めて実感しました。今回は暑かったので10kmではなく、6kmぐらいでしたが中々体力のない私からしたら少し疲れました。けれど色々なところを歩くことで普段歩いていて気にしてなかったものが見えてきたり、色々な発見をすることができました。そしてこれからは少しずつ歩いて健康管理もしっかり出来たらと思います。今回参加させていただいて貴重な体験をありがとうございました。 (B 生徒  
   私は今回ぼんぼりウォークに参加してみて、学んだ事がありました。それは、歩く楽しさです。私は、運動が苦手なので普段はあまり外に出ません。ですが会長さんに私の知らない道を案内していただいたり、みんなで色々な話をして歩くとあっと言う間に終わってしまいました。本当に楽しかったです。また、定期的にウォーキングする機会を設けているという事は、健康的な体づくりの習慣化にとても役立つと思いました。(C 生徒