Kamakura Walking Association
Report 2019年
4月20日
「平成」の年号 最後の例会
「ツツジ・新緑・潮騒の葉山道」

top index

 
 会員 nakamura  会員 nakamura
  会員 nakamura  会員 nakamura
   会員 szk 会員 szk
 
 
会員 nakamura  会員 nakamura 

 月例会報告
役員:相澤 邦彦    
 朝7時30分過ぎ、鎌歩協のスタッフが亀岡八幡宮に集合。朝は、ユニホームを着用していても寒さを感じるくらいだったが、9時過ぎには陽気が暖かくなり、気持ちの良い新緑の中での出発となった。
 今日の一番の目玉である“花の木公園”へは、逗子から葉山への主要道で車も頻繁に走っている中整然と歩く。途中所々で個人宅のツツジが顔を見せる。公園では期待にたがわず緋赤、紅色、中には白色のツツが満開となっていて、我々を迎えてくれた。
 以降、向原交差点を左折、緩やかな登り道を一路、森戸神社・森戸海岸へ。森戸海岸でIVVシールを手渡し、その後逗子海岸中央まで自由歩行とした。
 平成最後の例会が無事終了した。参加者251名。今年は、山道を避け平坦なコースを設定し、ウオーカーがのんびりと無理なく歩けるようにしました。如何でしたでしょうか。
 コース: 亀岡八幡宮 → 田越橋 → 新桜山隧道トンネル → 長柄交差点 → 風早橋 → 木ノ下信号 → 花の木公園 → 向原信号 → 森戸海岸(昼食・自由歩行)→ 渚橋 → 逗子海岸中央(解散)