ふれあいウオーク
2019

11月26日(火)
『大船発・粟船コース』

top index

 
 会員 nakamura  会員 nakamura
 会員 nakamura 会員 nakamura
 会員 nakamura 会員 nakamura

   ふれあいウオーク報告
会員 中村正彦   
 今にも降出しそうなどんよりとした空。令和になって最も寒いのでは?と思える生憎の天気。そんな状況でも熱心な参加者79名が、久しぶりの大船発のウオークに集う。

 大船駅から東に行ったところに常楽寺という古刹があり、山号ならびに寺の裏山も粟船山と称し、そこから地域一帯を「粟船」と呼ぶ様になり、転じて現在の地名「大船」となったのだそうだ(諸説あり)この常楽寺を中心にして、その周囲を反時計回りに廻るのが、今回のふれあいウオーク「粟船コース」である。
しかし、今日の天気を考慮して、横須賀線を跨いだ南側部分を割愛し、午前中で終わるコースに変更となった。

 大船駅モノレール広場を出立し東進。新しく建て替えられた大船中学校、コース名の元となった常楽寺前を通り、六国見山の麓を二つのトンネルを越えて北側の岩瀬地区に入る。そして、本来は昼食場所であった岩瀬下関防災公園で長目の休憩をとる。
 公園の街路樹や背後の山は紅葉が目立ち、秋の深まりを感じる。大長寺の山門を見ながら帰路につく。途中、資生堂大船工場跡地は大規模マンションに変貌し、資生堂の地名はバス停や交差点名に残るのみとなりつつある。
 大船駅笠間口前で11時半ころ解散。天気こそ恵まれなかったが、雨に降られる事も無く、初めて通るルートに参加者は満足気であった。
 難易度 ★★☆☆☆

コース:大船駅モノレール広場→ 小袋谷→離山→ 大船中学前→ 常楽寺→多聞院→(谷戸ノ前隧道)→(岩瀬隧道)→今泉→岩瀬下関防災公園→ 資生堂跡→ 大船駅(大東橋:解散)